So-net無料ブログ作成
レース観戦 ブログトップ

昨日のお散歩、 『NTN presents 2019 ツアー・オブ・ジャパン』観戦編 [レース観戦]

 昨日は、大井ふ頭で開催された「NTN presents 2019 ツアー・オブ・ジャパン」第8ステージ・東京を観戦がてら、撮影を楽しんできました^^。

 今年はプロツアーチームの参戦はないし、ダミアーノ・クネゴのようなスター選手も参戦しなかったこともあってか?観客は少なめ。ただ、POTUS&FLOTUSの来日と重なって日比谷からのスタートもキャンセルさせられた??ようで、大井ふ頭界隈だけでの開催でしたが、毎度の日比谷からの大慌ての移動がなかったのは、ありがたかったり^^。

 毎度のスタート&ゴール地点も移動となっていたり、、、

 DSC08532-1-1.JPG

 DSC08537-1-1.JPG


 試走中?の「インタープロサイクリングアカデミー 」の74番『フローリアン・オードリー』選手。

 DSC08536-1-1.JPG


 ということで、今年は八潮二丁目交差点のヘアピンで観戦を始めました^^。

 DSC07715-1-1.JPG   


 11:00定刻でパレードランが始まったようですが、こちらにはやって来ないようで^^;、ちょいと暇つぶし^^;;;。

 DSC08541-1-1.JPG

 DSC08542-1-1.JPG

 さすが大井ふ頭、コンテナはたくさんありました^^。


 待ち疲れたころに^^;ようやっとプロトンが。

 DSC08555-1-1.JPG


 DSC08561-1-1.JPG

 DSC08566-1-1.JPG


 DSC08577-1-1.JPG

 ヘアピンで、コーナリングの上手い下手が分かるとか分からないとか、、、^^;。


 2周目には逃げ集団も

 DSC08591-1-1.JPG
 

 お、ポイント賞ジャージも

 DSC08602-1-1.JPG



 3周目には「キナンサイクリングチーム」のゼッケン1番の「マルコス・ガルシア・フェルナンデス」選手が積極的に逃げ始め、、、

 DSC08627-1-1.JPG
 

 追う「HKSIプロ・サイクリング・チーム(香港)」ゼッケン41番の「フォン・カーホー(馮嘉豪)」選手は後ろが気になるようで。


 DSC08636-1-1.JPG


 「マトリックスパワータグ」のゼッケン96番の「安原大貴」選手も追走

 DSC08644-1-1.JPG


 これに「キナンサイクリングチーム」のゼッケン3番の「サルバドール・グアルディオラ・トーラ 」選手も加わっての逃げが。

 DSC08694-1-1.JPG


 単独で逃げる、「マルコス・ガルシア・フェルナンデス」選手。

 DSC08714-1-1.JPG

 DSC08722-1-1.JPG

 ボトルの水は飲むためだけにあらず


 DSC08743-1-1.JPG

 ひたすら逃げます


 DSC08787-1-1.JPG

 追走には、、、

 DSC08792-1-1.JPG

 先ほど試走で見かけた「インタープロサイクリングアカデミー 」の74番『フローリアン・オードリー』選手も。



 そして集団はリーダージャージのゼッケン31番の「クリス・ハーパー」選手が在籍する「チーム・ブリッジレーン(オーストラリア)」が引っ張っていました。

 DSC08796-1-1.JPG

 先頭選手の頭の位置の低さが、風の強さを物語っているような、、、、


 ということで、今回は2~3周撮ったら移動する。の繰り返しで、ぶらぶら移動しながらの撮影となりました^^。

 DSC08811-1-1.JPG

 この色のコンテナは、まだ路上では見たことないなあ^^;。


 「NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ(イタリア)」の応援団のようですね^^。

 DSC08813-1-1.JPG


 逃げていたフローリアン・オードリー選手もつかまりそう

 DSC08826-1-1.JPG
 


 集団先頭は依然として「チーム・ブリッジレーン」

 DSC08834-1-1.JPG

 DSC08854-1-1.JPG



 逃げの4人のメンツは変わらず。安原大貴選手が渾身の「引き」で引っ張っていました^^。

 DSC08903-1-1.JPG

 集団は時間差をキープしつつ、、、

 DSC08964-1-1.JPG



 ぶらぶらしていたら、補給ポイントへ。

 DSC09052-1-1.JPG


 DSC09098-1-1.JPG


 受け取るのは『水』だけにあらず、、、、か?


 DSC09113-1-1.JPG

 

 先頭交代は安原大貴選手とマルコス・ガルシア・フェルナンデス選手が、主にやっていたのかな。

 DSC09249-1-1.JPG

 DSC09269-1-1.JPG


 集団を「ジョッティ・ヴィクトリア・パロマー(ルーマニア)」の選手が牽き始めてから、どうやらスピードアップしたようで、一列棒状に

 DSC09305-1-1.JPG
 

 DSC09326-1-1.JPG

 「チーム・ブリッジレーン」の面々も一休み、かな?

 DSC09365-1-1.JPG

 後続はペースアップに着いて行くだけ、、、、かな?


 DSC09507-1-1.JPG

 サルバドール・グアルディオラ・トーラ 選手も先頭を引いていましたねm(_ _)m。


 



 集団を引いていた選手も、ここでお役目ごめん。お疲れさんでした^^。

 DSC09562 (1)-1-1.JPG
 
 ちょいとトリミングもしてみたり。


 DSC09644-1-1.JPG

 走り去る集団、、、、




 なにやら女子の集団の黄色い歓声が^^。

 DSC09668-1-1.JPG

 DSC09700-1-1.JPG

 かなりいい感じです♪。


 DSC09758-1-1.JPG

 だいぶシンドそうな逃げの4人。


 集団は冷静にコントロール

 DSC09808-1-1.JPG



 スタンディング・スティルで観戦中

 DSC09881-1-1.JPG



 お、逃げ集団がばらけたのかな?

 DSC09989-1-1.JPG


 山岳賞ジャージは集団最後尾で追走

 DSC00043-1-1.JPG



 DSC00062-1-1.JPG

 DSC00218-1-1.JPG

 DSC00224-1-1.JPG
 
 ゼッケン1番がチームのために先頭で引き続けます。 キナンサイクリングチームの二人が快調に逃げ続けます^^。


 後方の集団は広がりつつあるようで。

 DSC00233-1-1.JPG


 DSC00285-1-1.JPG
 

 と思ったら、また一列に


 まだ逃げます

 DSC00360-1-1.JPG
  

 集団も必死に追走

 DSC00494-1-1.JPG

 DSC00516-1-1.JPG





 DSC00525-1-1.JPG

 シューズがお揃いの集団、、、とか?



 僅差のポイント賞争いのこの方も、出方を伺っているようで。

 DSC00532-1-1.JPG


 ラスト2ラップ、すげ~!まだ逃げている。

 DSC00540-1-1.JPG



 そしてラストラップ。ついに集団が逃げを吸収。バックストレートエンドの90度コーナーへ。

 DSC00655-1-1.JPG


 そしてコンビニコーナーへ

 DSC00738-1-1.JPG


 どうやらこのステージは「チーム ブリヂストン サイクリング 」の窪木一茂選手が獲ったようで。おめでとうございます!^^!


 そしてそんなアシストな最後尾な選手が。

 DSC00762-1-1.JPG

 お疲れさまでした&完走おめでとう!^^!



 選手、スタッフ、関係者の皆さん、お疲れさまでした。いや~、今回も面白かったです^^。高低差ゼロの高速ステージならでは。な、駆け引きを存分に堪能させてもらいました^^。来年も天気が良かったら^^;、また観戦に行きたいと思っています^^。

 と、この後は、mitsuさんと待ち合わせで羽田空港へ。続く^^;.


 
nice!(2)  コメント(2) 

弱虫ペダルSTARLIGHT CROSS in CYCLE MODE P/B Champion System Japanをみてきました。 [レース観戦]

 さて、先日の土曜日にクリテリウム観戦を終えて向かったのが、幕張海浜公園内で開催された、「弱虫ペダルSTARLIGHT CROSS in CYCLE MODE P/B Champion System Japan」でした^^。

 DSC05028-1+.JPG

 所用が出来てしまい、残念ながら男女エリートのレース観戦は不可となってしまいましたが^^;、その前のエリートクラスによる試走までみてきました。

 
 会場に着いたときにはちょうどレースは行われておらず、撮るモノも無くちょいと困ったことに^^;。ということで、ぶらぶら

 DSC05029-1+.JPG

 これはバリアというらしいですね。ほとんどの選手がおりてBIKEを担いで超えていくようですが、たまにバニーホップで飛び越えていく選手も^^。


 DSC05030-1+.JPG

 以前はbikeやヘルメット等に灯火を装着して走っていた夜間も、UCI・カテゴリー2のレースに昇格してからは灯火類の装着が不可になり、この投光器の明かりだけが頼りに。


 DSC05040-1+.JPG

 コースを横断できる箇所


 そしてコースを示すテープたち。

 DSC05041-1+.JPG


 おそらく普段走っているであろう、シングルトラックを横切るように。

 DSC05044-1+.JPG


 どこを通るか?が一目瞭然^^;?

 DSC05045-1+.JPG
 


 上から見下ろせば「壁」なんだろうなあ。

 DSC05047-1+.JPG



 DSC05068-1+.JPG


 などと撮っている間に、90分間の「サンセットエンデューロ」レースがスタート。


 DSC05075-1+.JPG

 上を通るか、一度下って助走をつけて、一気に登るか?で判断が分かれそう。



 90分のレースということもあってか、コースわきもゆるゆるな雰囲気で、、、

 DSC05100-1+.JPG
 

 DSC05110-1+.JPG

 お、ピ●チュウ。結構速かったです。


 DSC05113-1+.JPG

 スマホかなんかで音楽をかけながら走っていた二人組^^。


 DSC05123-1+.JPG

 観客からは「ピカチ●ウ、がんばれ~」の声も^^。


 撮り続けるのもなんなので、ぶらぶらメーカーブースの方へも。

 DSC05140-1+.JPG


 東洋フレームのブースにあった、竹之内悠選手のbike。

 DSC05142-1+.JPG


 気になっていたことをいろいろ伺ったり、カタログを頂いたりした後もぶらぶら

 DSC05145-1+.JPG

 快調に飛ばすトップのゼッケン10「浅井・藤田組」



 DSC05146-1+.JPG
 
 コース設営用具一式、のようです。


 DSC05152-1+.JPG

 スポンサー様


 DSC05160-1+.JPG

 ピカチュ●組のもうお一方。この方も結構速かった^^。


 バリアにて。

 DSC05168-1+.JPG

 ここの越え方でへばり具合も分かってしまったり^^;?



 DSC05180-1+.JPG

 DSC05182-1+.JPG


 だいぶ「サンセット」っぽくなってきました。



 大勢の観客に「●カチュウ~♡」と大声援をもらって応えていました^^。

 DSC05187-1+.JPG

 DSC05189-1+.JPG

 ついでにカメラ目線(だと思う^^;)


 海老も走っていました^^

 DSC05194-1+.JPG
 

 ということで、久方ぶり流し撮りなんぞも

 DSC05210-1+.JPG


 DSC05213-1+.JPG

 これもポケモンですかね^^;?


 DSC05227-1+.JPG

 ラストスパート!


 DSC05232-1+.JPG

 パッと見、JKさんも。


 ちょっと押し気味でレースも終了し、コースクリアとともに、エリートクラスの試走が始まりました。


 DSC05271-1+.JPG

 
 DSC05283-1+.JPG

 今年も速そうな海外選手がいらしていました(結果、ホントに速かったようです)



 DSC05314-1+.JPG

 DSC05395-1+.JPG

 おさげな髪が目につきました^^。




 DSC05323-1+.JPG

 竹之内悠選手を先頭に


 かなり念入りに試走していたような。

 DSC05336-1+.JPG

 DSC05356-1+.JPG




 DSC05361-1+.JPG
 
 アイウェアのレンズの色までコーディネート♪。


 東洋フレームの西山みゆき選手

 DSC05390-1+.JPG





 ハイペースで試走していたようで。

 DSC05400-1+.JPG


 対称的にじっくりと走っていたような、、、

 DSC05402-1+.JPG


 コースわきのスタッフと会話していたようで^^。

 DSC05430-1+.JPG



 今回はISO感度で6400と3200の違いを確かめるべく、いろいろと撮っていました。

 DSC05461-1+.JPG



 DSC05475-1+.JPG


 AFは合うんですが、さすが撮れる画は暗所のノイズ感もかなり厳しい感じに。


 ここで帰る前にせっかく持って行った50mmの単焦点でも。

 DSC05483-1+.JPG


 DSC05486-1+.JPG


 こういう照明が当たっているところなら、なんとかなりそうかな?ということで、一応の目星もつけて帰路につきました。
 来年は、2020年のオリンピック前年で、会場となる幕張メッセでサイクルモードが開催されるのかも気になるところです、、、。お台場のシクロクロスが終了しちゃっただけに、UCIレースとなってはいますが今後の開催が気になるところです。


 
nice!(4)  コメント(3) 

第3回 JBCF幕張新都心クリテリウムをみてきました。 [レース観戦]

 さて、土曜日に見てきた『第3回 JBCF幕張新都心クリテリウム』ですが、いくつかクラスがある中で、女子のクラス「クラスタ:F」と、「クラスタ:P1」のエキシビジョンレースをみてきました。

 今迄特に指定の無かった「観戦エリア」が指定されていたりで、撮るのにちょっと気を遣うかな?と思いましたが、観客数は例年通りな感じで、割と自由に撮ることが出来ました。まあ、先週には埼玉で豪華メンバーでクリテリウムレースもありましたし、それと比べちゃえば、、、ですね。

 現着時には「クラスタ:E1」のレース中だったので、セッティングも兼ねて撮ってみました。

DSC03133-1+.JPG

 このコースだとスピードバンプをどうこなすか?も、大切なところなんでしょうか、、、


 DSC03139-1+.JPG
 
 秋の柔らかな逆光の中、絞り優先AEで撮ると、SSが自分の中の希望値とはかなり差もあったので、結局マニュアルモードでISO感度を高めにして、止めて撮ることを前提にすることに。


 DSC03230-1+.JPG
 
 落車されたようで、、、やはり痛そうです>_<。


 場所を変えつつ撮影し、最後は最終コーナーとスタート・フィニッシュラインの中間あたりで。

 DSC03337-1+.JPG


 スタート・フィニッシュラインあたりは日向のようですね。あちらで撮ればよかったかな^^?


 ということで、「クラスタ:F」出走までぶらぶら。

 DSC03345-1+.JPG


 目に入ればスイッチが一気に切り替わりそう^^。



 DSC03348-1+.JPG

 ああいう「でっぱり」を探して歩くわけです^^。


 DSC03349-1+.JPG

 主催者。


 DSC03360-1+.JPG
 
 今回はEVやらFCVやらの展示も。試乗はできたのかなあ、、、


 ということで、「クラスタ:F」スタート。

 DSC03372-1+.JPG



 体重が軽い女子だと、スピードバンプを越えていくのは辛そう。ということで、左の路肩を走行してから3コーナー入口で、ほぼ全員アウト、というかセンターに振っていたようですが、偶然にも唐見 実世子選手と正対しちゃいました。こんなこともあるんですねえ^^。

 DSC03431-1+.JPG


 DSC03462-1+.JPG
 
 地元千葉県の野崎 桃世選手。


 DSC03464-1+.JPG

 パッと見、アンダーステアっぽい^^;、目いっぱいアウトまで出ようとしている。な伊東 小紅選手。


 序盤はあんまり動かなかったレース、揺さぶる唐見 実世子選手。

 DSC03517-1+.JPG



 すぐに戻って足をためてみたり

 DSC03542-1+.JPG

 DSC03547-1+.JPG



 DSC03560-1+.JPG


 途中伊東 小紅選手と伊藤 杏菜選手が逃げてみたり、、、

 DSC03588-1+.JPG



 ほどなく吸収

 DSC03616-1+.JPG





 DSC03635-1+.JPG


 最終局面に向けて思惑が交錯し、、、

 
 満を持して、ラスト3周で唐見 実世子選手がアタック!

 DSC03754-1+.JPG

 DSC03799-1+.JPG


 逃げ切り勝利かあ、さすがだな、、、。と思っていたら

 DSC03809-1+.JPG

 最終コーナーを立ち上がったら、もう後続が。何とか逃げ切ってリーダージャージの唐見 実世子選手が優勝しました。おめでとうございます!

 DSC03907-1+.JPG
 
 地元千葉の野崎 桃世選手が2位表彰台♪。この表情はうれしさか悔しさか。



 そんな表彰式のわきを「クラスタ:P1」の選手たちが試走を開始。

 DSC03919-1+.JPG

 
 さらに今回は、非ガソリン車も参加してのパレードランも実施。

 DSC03939-1+.JPG

 
 DSC03944-1+.JPG

 DSC03952-1+.JPG


 参加者の皆さん、いい思い出となったでしょうね^^。



 ということで、「クラスタ:P1」のスタート

 DSC04071-1+.JPG




 DSC04079-1+.JPG

 序盤は集団で様子を見ていた、宇都宮ブリッツェンの雨澤 毅明選手。


 すぐに集団を抜けだし、チームメートの鈴木 譲選手とメッサ飛ばして逃げ始め、、、

 DSC04162-1+.JPG



 集団はお見合い、、、それとも追う意思なし?

 DSC04174-1+.JPG


 快調に飛ばし続け、落後してきた選手を続々とバックマーカーに。
 
 DSC04330-1+.JPG



 DSC04372-1+.JPG

 集団は、、、さてどうしたものか。としているうちに、なんと集団まで周回遅れに>_<。


 ラップされつつも、粘る窪木 一茂選手。

 DSC04451-1+.JPG


 集団もペースを上げつつもすでに遅し。

 DSC04464-1+.JPG

 DSC04468-1+.JPG


 先頭二人+一人が順調に飛ばし続け、、、

 DSC04486-1+.JPG

 DSC04554-1+.JPG

 
 DSC04631-1+.JPG





 DSC05005-1+.JPG

 結局1位の雨澤 毅明選手と2位の鈴木 譲選手が、集団に2周差、3位の窪木 一茂選手に1周差をつけて、全選手を周回遅れにするという、宇都宮ブリッツェンの二人がぶっちぎりでワンツーフィニッシュとなりました。おめでとうございます!

 もろモチベーションの差が出たように感じるレース展開でしたが、早い段階で見切って飛ばし始めたチームとしての作戦勝ちなんでしょうね^^。そういう意味では、いいものを見せてもらった感じがします^^♪。


 さて、この後はシクロクロスですが、、、続きますm(_ _)m。

 
 
nice!(3)  コメント(4) 

今日のお散歩、幕張界隈編 [レース観戦]

 今日は、幕張メッセで開催中の「サイクルモード」に併せるように『第3回 JBCF幕張新都心クリテリウム』と『弱虫ペダルSTARLIGHT CROSS in CYCLE MODE P/B Champion System Japan』をみてきました。とはいえ、今日は早く帰るように。と厳命されたため^^;、シクロクロスは男女エリートクラスの試走をみて帰ってきました>_<。結果が気になるところです、、、。

 ということで、二つのイベントをまたいで撮りまくってしまい、まだ全部確認できていません^^;。ということで、例によって細切れに少しづつ載せていく予定ですm(_ _)m。


 ということで、試走中のエリートクラスの大橋選手を。

DSC05435-1+.JPG

 クリテリウム、シクロクロスの順で書いていきます^^♪。

nice!(3)  コメント(2) 
レース観戦 ブログトップ