So-net無料ブログ作成

第3回 JBCF幕張新都心クリテリウムをみてきました。 [レース観戦]

 さて、土曜日に見てきた『第3回 JBCF幕張新都心クリテリウム』ですが、いくつかクラスがある中で、女子のクラス「クラスタ:F」と、「クラスタ:P1」のエキシビジョンレースをみてきました。

 今迄特に指定の無かった「観戦エリア」が指定されていたりで、撮るのにちょっと気を遣うかな?と思いましたが、観客数は例年通りな感じで、割と自由に撮ることが出来ました。まあ、先週には埼玉で豪華メンバーでクリテリウムレースもありましたし、それと比べちゃえば、、、ですね。

 現着時には「クラスタ:E1」のレース中だったので、セッティングも兼ねて撮ってみました。

DSC03133-1+.JPG

 このコースだとスピードバンプをどうこなすか?も、大切なところなんでしょうか、、、


 DSC03139-1+.JPG
 
 秋の柔らかな逆光の中、絞り優先AEで撮ると、SSが自分の中の希望値とはかなり差もあったので、結局マニュアルモードでISO感度を高めにして、止めて撮ることを前提にすることに。


 DSC03230-1+.JPG
 
 落車されたようで、、、やはり痛そうです>_<。


 場所を変えつつ撮影し、最後は最終コーナーとスタート・フィニッシュラインの中間あたりで。

 DSC03337-1+.JPG


 スタート・フィニッシュラインあたりは日向のようですね。あちらで撮ればよかったかな^^?


 ということで、「クラスタ:F」出走までぶらぶら。

 DSC03345-1+.JPG


 目に入ればスイッチが一気に切り替わりそう^^。



 DSC03348-1+.JPG

 ああいう「でっぱり」を探して歩くわけです^^。


 DSC03349-1+.JPG

 主催者。


 DSC03360-1+.JPG
 
 今回はEVやらFCVやらの展示も。試乗はできたのかなあ、、、


 ということで、「クラスタ:F」スタート。

 DSC03372-1+.JPG



 体重が軽い女子だと、スピードバンプを越えていくのは辛そう。ということで、左の路肩を走行してから3コーナー入口で、ほぼ全員アウト、というかセンターに振っていたようですが、偶然にも唐見 実世子選手と正対しちゃいました。こんなこともあるんですねえ^^。

 DSC03431-1+.JPG


 DSC03462-1+.JPG
 
 地元千葉県の野崎 桃世選手。


 DSC03464-1+.JPG

 パッと見、アンダーステアっぽい^^;、目いっぱいアウトまで出ようとしている。な伊東 小紅選手。


 序盤はあんまり動かなかったレース、揺さぶる唐見 実世子選手。

 DSC03517-1+.JPG



 すぐに戻って足をためてみたり

 DSC03542-1+.JPG

 DSC03547-1+.JPG



 DSC03560-1+.JPG


 途中伊東 小紅選手と伊藤 杏菜選手が逃げてみたり、、、

 DSC03588-1+.JPG



 ほどなく吸収

 DSC03616-1+.JPG





 DSC03635-1+.JPG


 最終局面に向けて思惑が交錯し、、、

 
 満を持して、ラスト3周で唐見 実世子選手がアタック!

 DSC03754-1+.JPG

 DSC03799-1+.JPG


 逃げ切り勝利かあ、さすがだな、、、。と思っていたら

 DSC03809-1+.JPG

 最終コーナーを立ち上がったら、もう後続が。何とか逃げ切ってリーダージャージの唐見 実世子選手が優勝しました。おめでとうございます!

 DSC03907-1+.JPG
 
 地元千葉の野崎 桃世選手が2位表彰台♪。この表情はうれしさか悔しさか。



 そんな表彰式のわきを「クラスタ:P1」の選手たちが試走を開始。

 DSC03919-1+.JPG

 
 さらに今回は、非ガソリン車も参加してのパレードランも実施。

 DSC03939-1+.JPG

 
 DSC03944-1+.JPG

 DSC03952-1+.JPG


 参加者の皆さん、いい思い出となったでしょうね^^。



 ということで、「クラスタ:P1」のスタート

 DSC04071-1+.JPG




 DSC04079-1+.JPG

 序盤は集団で様子を見ていた、宇都宮ブリッツェンの雨澤 毅明選手。


 すぐに集団を抜けだし、チームメートの鈴木 譲選手とメッサ飛ばして逃げ始め、、、

 DSC04162-1+.JPG



 集団はお見合い、、、それとも追う意思なし?

 DSC04174-1+.JPG


 快調に飛ばし続け、落後してきた選手を続々とバックマーカーに。
 
 DSC04330-1+.JPG



 DSC04372-1+.JPG

 集団は、、、さてどうしたものか。としているうちに、なんと集団まで周回遅れに>_<。


 ラップされつつも、粘る窪木 一茂選手。

 DSC04451-1+.JPG


 集団もペースを上げつつもすでに遅し。

 DSC04464-1+.JPG

 DSC04468-1+.JPG


 先頭二人+一人が順調に飛ばし続け、、、

 DSC04486-1+.JPG

 DSC04554-1+.JPG

 
 DSC04631-1+.JPG





 DSC05005-1+.JPG

 結局1位の雨澤 毅明選手と2位の鈴木 譲選手が、集団に2周差、3位の窪木 一茂選手に1周差をつけて、全選手を周回遅れにするという、宇都宮ブリッツェンの二人がぶっちぎりでワンツーフィニッシュとなりました。おめでとうございます!

 もろモチベーションの差が出たように感じるレース展開でしたが、早い段階で見切って飛ばし始めたチームとしての作戦勝ちなんでしょうね^^。そういう意味では、いいものを見せてもらった感じがします^^♪。


 さて、この後はシクロクロスですが、、、続きますm(_ _)m。

 
 
nice!(3)  コメント(4)